生命の氷
русский english español türkçe 日本語 中文 عربي
ますます大きくなっていく水不足

国連からの情報によると、現在、地球において12億人以上は良質の飲み水を使用する事が出来なく、2030年までにその数は39億人、2050年までに50億人になる予定で、それに加えて飲み水の値段がだんだん高まってばかりいる。

危険な水

国連からの情報によると、基本的な衛星規則に準じない水を飲んだり、調理のために使用したりすることは、一年間に180万人以上の子供の死亡の理由であり、大部分の地球人間病気の源である。

「水による」紛争

世界では水不足と水の配分に関する問題で相互関係が緊張である国々が少なくない。国連議長の意見によると、それは「戦争や紛争の潜在的な源」である。

脱塩技術

海水の脱塩化は、それにより生産される水質がどのぐらいかにもかかわらず、世界で広く使用しているが、それと同時に濃厚塩廃物利用と温室効果ガス発生というような生態学的な重大問題も生んでいる。

南極大陸の水資源

地球上淡水量の三分の二は氷として存在しており、その中の87% (およそ二百万立方キロメートル) は南極大陸にある。南極大陸の氷山は毎年、世界大洋に2000立方キロメートルの淡水を供給する。

氷からなる薬

およそ1400万年以前に生成が始まった南極大陸の氷層は、世界淡水量の75%を含み、その淡水は極めて清く、医療上では人間に対して一番有益な「生きた」水である。

「氷山による」技術

今使用されている、小さな氷山の「捕獲」というような方法により作られる水が高すぎるが、大きな氷山を曳航するとか、氷河や氷山で氷の小片を作り、それを運送するなど、新規な技術として提案されている方法は競争力がないである。

1997-2016 © IceTrim